HOME>特集>目的ごとに依頼する専門業者が変わってきます

様々なタイプを依頼できる

印刷機

神奈川県内の印刷業者に依頼すると、事務用や商業用、証券用などを製作できます。会社ごとに必要な印刷物を選択して製作の依頼を行うことが大切です。事務用であれば名刺や手紙、ノート、帳票などに印刷をします。社名や個人名が記載されている用具や名刺を作ることも可能です。事務用品メーカーならば、販売用の商品に印刷することにも対応している業者がほとんどです。商業用ならば業務で使用するものと、広告用に分けられます。業務用は会社の案内や名簿、マニュアル、カタログなどのことです。広告用の印刷物はチラシやパンフレットなどが該当します。

商業用や証券用もあります

商業用の印刷物を神奈川で依頼することは簡単で、多くの業者が存在しているために費用などを考えて、どこの業者に頼むのが良いか検討すると良いでしょう。商業印刷は企業以外の団体が事業の活動を行うために作るものと、一般企業用があります。カードや証明書の印刷をしたい場合には、証券用の商品に対応できる業者を選ぶことが重要です。証券用はカードや証明書の他にも、顧客向けに製作する商品券やチケットも含まれます。証券用の印刷は金銭の代替として使用されるわけですので、偽造されないことや耐久性が高い製品を作れることが条件です。